今すぐお金を借りる

今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番

今日中にお金が必要なら即日キャッシング


今すぐキャッシング急な冠婚葬祭や彼女とのデートなのにお金が足りない・・・どうしても今日中にお金が必要な時ってありますよね。

 

今すぐお金を借りる場合は、審査期間が短く、融資もその日のうちにうけられるキャッシングサービスが便利です。

 

現在多くの金融機関が即日キャッシングのサービスを提供していますが、今日中にお金を借りれるかどうかだけでなく、やはり金利の安さなども考慮して、良い条件での借り入れがオススメです。

 

今すぐお金が必要な人には、最も金利が安く審査が早いプロミスがオススメです。

今すぐお金を借りる110番オススメランキング

 

プロミス

無利息期間以外でも金利が安いプロミス

・30日間無利息サービス

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・50万円以下なら収入証明書不要
・平日14時までのウェブ契約完了で即日融資可能

プロミス

実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年4.5%~17.8% 最大500万円 最短即日可能 50万以下なら不要

アコム

アコムは最短30分のスピード審査

・30日間無利息サービス
・50万円以下なら収入証明書不要
・平日14時までに書類確認できれば即日振り込み可能

アコム

実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年4.7%~18.0% 最大500万円 最短30分 50万以下なら不要

モビット

ウェブ申し込みなら電話連絡がないモビット

・ウェブ申し込みなら電話連絡なし
・最短即日融資可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
・平日14時50分までに振り込み手続き完了

実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年3.0%~18.0% 1~800万円 最短即日可能

審査通過率・初回貸出額の比較

 

naruhodoキャッシングやカードローンは銀行カードローンもありますが、消費者金融系のほうが審査も早くすぐに利用することができるので、銀行よりも消費者金融などの金融機関を利用するほうがオススメです。

 

消費者金融系を選択する基準となるのが審査通過率や初回貸出額はどのくらいなのか?ということです。

 

審査通過率とは借り入れの申込者の中から審査を通過することができた人の割合のことで、初回貸出額とはキャッシングやカードローンを利用するために消費者金融と契約してカードを利用するなどして、最初に貸出してもらうことのできる額のことを言います。

 

そこで主に利用されている消費者金融はどのようになっているのでしょうか?

 

大手消費者金融の審査通過率、初回貸出額

 

プロミス、アコム、モビット、アイフルのデータは以下のようになっています。

 

 

審査通過率

 

大手消費者金融の審査の通過率のデータは以下の通りですが、この審査通過率データで一番高いのがアコムで約半数の申込者が審査通過することができています。その他3つのサービスも比較的高い融資通過率を示しています。

 

消費者金融 プロミス アコム モビット アイフル
審査通過率 約40% 約50% 約40% 約45%

 

 

初回貸出額

 

大手消費者金融の初回貸出額は以下の通りですが、この中ではモビットが一番融資してもらえる額が多くなっています。

 

消費者金融 プロミス アコム モビット アイフル
初回貸出額 1万円〜10万円 1万円〜10万円 1万円〜20万円 1万円〜10万円

 

どの消費者金融を利用するのがいいか?

 

融資を受けるために利用する消費者金融は審査通過率と初回貸出額を基準に判断しますが、その他どのくらいの金利で融資を受けることができるのかということも重要です。

 

そして3万円、5万円、10万円を借りる場合、又はそれ以上の額を借りる場合におおて、どの消費者金融を利用するのがおすすめなのかというとまず3万円、5万円、10万円の融資を受ける場合の金利はプロミスだけ17.8%で残りの3サービスは18%となっているのでプロミスが一番のおすすめであると言えます。

 

これに対して10万円を超える高額の融資を受けようとする場合はアイフルとプロミスがアコムとモビットよりも金利が低くなっているので、この2サービスがおすすめです。

 

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

 銀行カードローンと消費者金融の違いについて理解する

 

今すぐお金を借りたい人が即日でキャッシングを利用する前提として、借入額によって選ぶ金融機関が変わってくるという事を理解しておく必要があります。

 

審査や融資までの早さの違い

 

今日中にお金が必要で、即日でキャッシングをするには借入の申込をした後の審査の早さも重要です。

 

銀行カードローンと消費者金融は審査の早さにも違いがあり、基本的に消費者金融のほうが銀行よりも審査は早い傾向にあります。

 

すぐにどうしても借り入れしたいという場合は、消費者金融のキャッシング利用を検討する事をオススメします。

 

急ぎでどうしても今日中にキャッシングしたいという場合には、審査の早い消費者金融の利用がオススメ。

 

金利や無利息期間の違い

 

消費者金融と銀行カードローンであれば、実質金利に違いがあり銀行カードローンの方が金利は安くなります

 

消費者金融系を利用する場合、初回利用の場合は無利息期間のあるサービスがあるので、比較的短い期間で返済可能な場合は、消費者金融系を利用することをオススメします。

 

以下が主な消費者金融系と銀行カードローンの金利の違いです。

 

 消費者金融系 プロミス アコム モビット
金利 年4.5%~17.8% 年4.7%~18.0% 3.0%~18.0%
無利息期間 30日間 30日間

 

※プロミスの無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

銀行系 新生銀行カードローン レイク バンクイック みずほ銀行 イオン銀行 オリックス銀行
金利 年4.5%~18.0% 年4.6~14.6% 年4.0~14.0% 年3.8~13.8% 年3.0~17.8%
無利息期間 最大30日間 無し 無し 無し 無し

 

比較的短い期間で返済可能な場合は、無利息期間のある消費者金融系がオススメ。

 

総量規制の対象か対象外かの違い

 

銀行と消費者金融の違いとして、総量規制の対象になるか対象外かということがあげられます。

 

総量規制とは、金融機関が利用者に融資をする額を一定の範囲まで制限するもので、借入をする人の年収の3分の1までしか融資することはできないというものです。

 

これにより、仮に年収300万円の人の場合、借入金額は上限100万円までしかできない事になります。

 

既に借り入れしている場合は、現在の借入金額と、これからの借り入れ希望額との合算で計算されます。

 

ですが、総量規制の対象外である銀行系カードローンであれば、年収の3分の1以上でも審査が通れば借り入れは可能です。

 

総量規制は貸金業者が融資する際に適用されることになるので、消費者金融には適用されますが銀行は適用されないからです。

 

また、収入の無い専業主婦なども同じ様に、消費者金融を利用することはできませんが、総量規制対象外のカードローンであれば利用が可能になります。

 

合算して年収の3分の1を超える金額をキャッシングしたい場合や、専業主婦の様に収入が無い場合は、総量規制対象外である銀行カードローンの利用がオススメ。