リボ払いの種類と計算方法

投稿日:

すぐにお金が必要となると消費者金融がもっとも速く借入出来ますが、その中にリボ払いが可能という文言を見かけることがあります。

 

これはリボルビング払いのことでキャッシングでカードなどでお金を借りたり、クレジットカードを利用する時の支払いの方法です。

 

どのような支払いの方法なのかというと毎月一定の金額を支払えばいいというもので、返済のことをあまり考えることなく利用できるメリットがあります。

 

そしてリボの支払いの種類もいくつかありますが、基本的に金融機関のほうで払いの方法を決められてしまうことが多いです。

 

リボ払いの種類

 

リボ払いには定額コース、定率コース、残高スライドコースの3つの支払いコースがあります。

 

定額方式

 

定額方式は契約の際にあらかじめ毎月支払う金額を決めておいて、支払うコースです。

 

定額方式には元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式の2種類があり、元利定額リボルビング方式は毎月決められた一定の支払金額の中から利息を差し引き、差額を元金返済に充てるというモノです。

 

一方で、元金定額リボルビング方式は毎月の支払金額全てを元金返済として支払い、別に利息分も支払う方法です。

 

元金定額リボルビング方式の方が早期に返済が終わる分、毎月の支払い額も大きくなるのが特徴です。

 

定率方式

 

定率方式は毎月の決められた日の借入の残高に一定の割合をかけて返済額を出す支払い方法です。

 

残高スライドコース

 

毎月の決められた日の借入の残高に応じて返済額が変動する支払コースです。例えば利用残高が10万円までであれば2万円返済し、20万円までであれば3万円返済するといったような形です。

 

 

リボ払いの計算方法

 

金融機関でキャッシングをして、リボ払いで返済をする場合において、具体的にどのように返済をしていくのかというと例えば5万円を借りて月々1万円の定額コースでの支払いをする場合において以下のように返済していくことになります。

 

 

1回目の返済

 

元金 10000円   リボ手数料 513円   合計支払額 10513円

 

2回目の返済

 

元金 10000円   リボ手数料 509円   合計支払額 10509円

 

3回目の返済

 

元金 10000円   リボ手数料 382円   合計支払額 10382円

 

4回目の返済

 

元金 10000円   リボ手数料 246円   合計支払額 10246円

 

5回目の返済

 

元金 10000円   リボ手数料 127円   合計支払額 10127円

 

 

合計   支払い元金  50000円

     リボ手数料   1777円

     支払い総額  51777円

 

 

定額コースの場合は決められた1万円と残高に対応するリボの手数料の合計の支払額を支払っていくことになります。

 

今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番トップへ

今すぐお金を借りる110番オススメランキング

プロミス

プロミス

30日の無利息期間以外でも金利が安いプロミス

  • 30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 50万円以下なら収入証明書不要
  • 平日14時までのウェブ契約完了→銀行振り込みで即日融資可能
  • 平日20時までのウェブ契約完了→無人契約機で即日融資可能
実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年4.5%~17.8% 最大500万円 最短即日可能  50万円以下なら不要

モビット

モビット

 ウェブ申し込みなら電話連絡がないモビット

・ウェブ申し込みなら電話連絡なし
・最短即日融資可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
・平日14時50分までに振り込み手続き完了

実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年3.0%~18.0% 1~800万円 最短即日可能  -

-即日融資を確実に受けるために

Copyright© 今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.