総量規制とはどんな人が対象になるか

投稿日:

キャッシングを利用してお金を借りる場合、総量規制についてはしっかり考えておく必要があると言えます。

 

そして総量規制とは、借入をしようとしている人に原則年収の3分の1以上のお金を融資をすることができないというものです。

 

この規制によって、キャッシングを利用してお金を借りすぎる事ができなくなり、多重債務になってしまう人が必然的に減ることになります。

 

また総量規制が適用されるのは貸金業法に基づいてお金を融資する場合で、消費者金融が人に対して融資をするのが代表例です。

 

一方銀行が人に対してお金を融資する場合は、貸金業法に基づく融資ではないので、総量規制は適用されず適用外といことになります

 

 収入、借入額、職業などを考慮して利用する金融機関を選ぼう

 

キャッシングを検討する前に、総量規制が適用される場合がある事を前提に、収入、借入額、職業などを考慮して利用する金融機関を選ぶ必要があります。

 

具体的には、まず収入を得ているかどうかで総量規制の適用を受ける消費者金融を利用してキャッシング出来るかどうかが変わってきます。

 

総量規制の適用を受ける場合は原則年収3分の1までしか借りることができないので、収入がないと利用することができないからです。

 

そのため収入を得ている人は審査の早い消費者金融を選択するほうがいいのですが、収入を得ていない人は銀行系を利用しないとキャッシングをすることができません

 

またどのくらいの借入額があるのかも同様であり、既に他の金融機関やクレジットカードなどを利用して借入額がある場合は銀行系を選択したほうがよく、借入額がない場合は消費者金融を選択したほうがいいでしょう。

 

もちろん、収入が高い人と低い人では3分の1という金額は大きく変わりますので、自分の年収から計算して決める必要があります。

 

また、職業も重要で、安定した正社員として会社に勤務しているのであれば、審査をするにおいて職業を重視する銀行系を選択するのがいいのに対し、パートやアルバイトなど非正規で働いている人は審査で職業をあまり重視していない消費者金融の選択をオススメします。

 

今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番トップへ

今すぐお金を借りる110番オススメランキング

プロミス

プロミス

30日の無利息期間以外でも金利が安いプロミス

  • 30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 50万円以下なら収入証明書不要
  • 平日14時までのウェブ契約完了→銀行振り込みで即日融資可能
  • 平日20時までのウェブ契約完了→無人契約機で即日融資可能
実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年4.5%~17.8% 最大500万円 最短即日可能  50万円以下なら不要

モビット

モビット

 ウェブ申し込みなら電話連絡がないモビット

・ウェブ申し込みなら電話連絡なし
・最短即日融資可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
・平日14時50分までに振り込み手続き完了

実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年3.0%~18.0% 1~800万円 最短即日可能  -

-即日融資を確実に受けるために

Copyright© 今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.