金融機関によってちがう金利の比較

投稿日:

キャッシングを利用してお金を借りた後、一定の決められた返済日までに返済する必要がありますが、返済をするのは借りた元本だけでなく利用期間内の利息も併せて返済する必要があります。

 

そしてどのくらいの利息を支払わなければいけないかによって総返済額が変わってくるので、パーセンテージであらわした利息を計算する基準である金利がどのくらいなのかを気にすることになります。

 

そして利息は借りた元本×金利で決まってくるので、キャッシングを利用するために利用する銀行や消費者金融などの金融機関はなるべく金利が低いほうがいいと言えます。

 

また銀行と消費者金融では設定されている金利が違うので、利用する金融機関を選択するにおいてこのことを把握しておいたほうがいいでしょう。

 

消費者金融の金利の比較

 

消費者金融にもいろいろなところがありますが、よく利用されるところとしてプロミス、アコム、モビットがあげられます。

 

そこでこれらの消費者金融の金利はどのようになっているのかというと以下のようになっています。

 

アコム       4.7%から18.0%

プロミス      4.5%から17.8%

モビット      3.0%から18.0%

 

この3サービスは大体同じくらいの条件ですが、その中でもプロミスの最低金利が少し安いのでプロミスの条件が一番良くなっています。

 

 

銀行系カードローンの金利比較

 

銀行系カードローンを利用できる銀行の中でよく利用されているところと言えば、みずほ、レイク、イオン、バンクイック(三菱)があげられますが、これらの銀行系の金利は以下のようになっています。

 

 

みずほ      4.0%から14.0%

レイク      4.5%から18.0%

イオン      3.8%から13、8%

バンクイック   4.6%から14.6%

 

 

レイクは前述の消費者金融と同じくらいの条件になっていますが、その他の3社は消費者金融よりも低金利となっています。

 

そして消費者金融と銀行系は基本的に銀行系のほうが金利は低くなっているので、経済的な面を考慮するのであれば銀行系を利用するのがいいでしょう。

 

今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番トップへ

今すぐお金を借りる110番オススメランキング

プロミス

プロミス

30日の無利息期間以外でも金利が安いプロミス

  • 30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 50万円以下なら収入証明書不要
  • 平日14時までのウェブ契約完了→銀行振り込みで即日融資可能
  • 平日20時までのウェブ契約完了→無人契約機で即日融資可能
実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年4.5%~17.8% 最大500万円 最短即日可能  50万円以下なら不要

モビット

モビット

 ウェブ申し込みなら電話連絡がないモビット

・ウェブ申し込みなら電話連絡なし
・最短即日融資可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
・平日14時50分までに振り込み手続き完了

実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年3.0%~18.0% 1~800万円 最短即日可能  -

-即日融資を確実に受けるために

Copyright© 今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.