【最短】プロミスの借り方→今すぐお金借りる方法を徹底解説

更新日:

今すぐお金借りるなら、最短1時間で審査が完了するSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがオススメですが、プロミスには、パソコンやスマホからのインターネット・無人契約機・店頭窓口・郵送・電話と5種類の借り方があります。

プロミスの借り方の違いは、申し込みから借入れるまでの速さに違いが出るため、今すぐお金を借りる必要がある人はインターネット申し込みから無人契約機での借り入れがオススメです。

ここでは、プロミスの5種類の借り方を見ていきましょう。

プロミスでお金を借りる方法は5種類

インターネット(PC・スマホ)から申し込み

プロミスは365日24時間いつでもインターネットを利用した申込ができます。

プロミスの公式サイトから申込をして、所定の項目を入力すると、審査がすすめられます。

審査によって契約可能額が決定した後は、メールまたは電話で連絡が入ります。

連絡方法はあらかじめ希望を伝えることができます。

メールでの連絡を希望した場合は、インターネット上で借入可能額を確認することになります。

次に、契約に進みますが、これもインターネット上で契約完了となります。

「カード不要」として、借入金額は口座振り込みで受け取り、返済も口座振替とすれば、外出する必要なしにすべてインターネット上で契約を完結することができます。

プロミスから郵送物が送られてくることもありません。

契約完了後は、プロミスのサイトで会員サービスを利用することで、借り入れの申込より最短約10秒で指定した口座に振込が完了します。

振込手数料は無料、しかも、三井住友銀行かジャパンネット銀行を指定先銀行とした場合は、平日はもちろん、土日祝日であっても、24時間いつでも受付より10秒ほどで振込が完了します。

プロミス無人契約機での申込

プロミスの無人契約機は、プロミス店頭の他、三井住友銀行にも設置されています。

受付時間は午前9時から午後10時となっていますが、店舗によっては時間が変わることもあります。

無人契約機のブースに入り、画面の指示やアナウンスの指示に従って申込書の記入、免許証や健康保険証などの本人確認書類提示、さらにはブース内に設置された電話で担当者による聞き取り調査を受けます。

それらをもとにして審査がすすめられ、契約が可能となれば利用可能額が設定され、その場で契約を行ない、カードが発行されます。

カードを受け取った後は、併設されているプロミスのATMや三井住友銀行のATMで借入ができます。

プロミス店頭窓口での申込

プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)で申込をすることもできます。

担当者と直接相談しながら申込を進められるため、手続きに不安がある方にはおすすめです。

店頭の営業時間は平日の午前10時から午後6時までとなっており、その間に出向くことが必要です。

申込から契約まで1時間ほどかかるものと考えて、遅くとも夕方5時までには店頭窓口に出向くことが必要でしょう。

窓口では担当者の指示に従って申込書に記入し、本人確認書類を提示します。

その場で直接簡単な聞き取り調査がなされ、ほぼ同時に別の場所で職場への在籍確認が行なわれます。

審査が終わった後、契約書の記入などの手続を行ない、カードを受け取って契約完了となり、その場で借入を行なうことが可能です。

郵送での申込

プロミスも、郵送での申込を受付しています。

まず、プロミスの店頭やATM、またはインターネットや電話で資料請求をして、申込書を取り寄せます。

申込書に必要事項を記入して、本人確認書類を同封してポストに投函します。

書類がプロミスに到着後、審査が行なわれます。

その際に職場への在籍確認も行なわれます。

審査結果の連絡は指定した連絡先に行なわれ、契約書とカードが簡易書留で送られてきますので、記入して返送します。

カードを受け取った後、プロミス及び三井住友銀行のATMや提携先のATM等で借入ができるようになります。

電話での申込

「プロミスコール」とよばれる電話での申込も可能です。

電話の受付時間は午前9時から午後10時となっており、土日祝日も申し込みが可能です。

担当者から、審査に必要とされる項目をたずねられますので、正確に回答しましょう。

その後、審査が行なわれ、契約が可能かどうか、可能となった場合の借入可能額の連絡が入ります。

時間的には30分から1時間ほどかかるようです。

連絡を受けた後、カードを受け取る必要がありますが、店頭に出向いて受け取る方法と、郵送で受け取る方法とを選ぶことができます。

その受取の際には、店頭受取であれば窓口で契約書への記入、郵送受取であれば、送られてきた契約書に記入して、さらに本人確認書類のコピーを返送する必要があります。

店頭でカードを受け取った場合は、契約手続き完了後すぐに借り入れが可能です。

郵送の場合は、返送した書類がプロミスに到着、確認がなされた後にカードの利用が可能になります。

プロミスで今すぐお金を借りる方法

プロミスで最短の時間で即日融資を受ける方法は、インターネットですべてを完結させることです。

まず、インターネットで申込の手続をします。

本人確認書類は撮影したものをメールで送るか、アプリを利用して送信します。

審査は短時間で行なわれます。

審査に通れば契約を行ないますが、店舗や無人契約機に出向く必要なしに、インターネット上で契約を完結できます。

契約完了後は、指定した銀行口座に借入を申し込んだ金額を振込してもらうことができます。

プロミスの申込条件

プロミスの申込条件は、「20歳以上」「安定した収入がある」であることです。

正社員として勤務されている方はもちろん、派遣社員やアルバイトの方も申込できます。

専業主婦や学生の方は申込ができませんが、アルバイトやパート等で毎月収入を得ている場合は申込可能です。

プロミスの申込に必要な書類

まず、本人確認書類が必要になります。

これはどの消費者金融会社も同じなのですが、運転免許証や、健康保険証、マイナンバーカードなどの提示が必要になります。

ただし、健康保険証など、顔写真が確認できないものや、書類の住所と現住所が違っている場合は、住民票など別の書類を合わせて提示する必要があります。

また、50万円を超える金額の借入を希望する場合や、他の消費者金融業者やクレジット会社等からの借入総額が100万円を超えている場合は、源泉徴収票や給与明細書等の収入証明書の提出が必要になります。

これも他の消費者金融会社と同様の規定です。

プロミスの在籍確認の流れ

プロミスに限らず消費者金融であればどの会社もそうですが、職場に在籍確認を行ないます。

電話での在籍確認は申込後、職場に電話がかけられます。

その際は、プロミスの社名を名乗らず個人名でかかってきます。

また、どうしても電話での在籍確認をされたくない場合は、会社名が入っている健康保険証など、その会社に勤務していることを証明できる書類を提示することで、電話での在籍確認に代えることができます。

プロミスの土日祝日の審査

プロミスも土日祝日の審査が可能となっています。

ただし、最短即日審査が可能なのは午後10時までです。

土日祝日も平日と同様に申込から借入までのトータルが最短60分で可能となっており、休日に急なお金の入り用があった場合も安心です。

プロミスの金利や借入限度額などの特徴

プロミスの金利、4.5%~17.8%となっています。

初回の借入は50万円が限度となることがほとんどですが、その場合の利率は17.8%となります。

他の消費者金融業者は最高利率を18%としていますが、プロミスは17.8%と0.2%低い設定となっています。

最低利率は4.5%で、借入金額によって利率が変わります。

借入限度額は最大500万円です。

プロミスでお金を借りるメリット

プロミスでお金を借りる最大のメリットは、借入の申込から入金までに時間がかからないことです。

契約後は、インターネット上の借入申込を行なえば、申込から最短約10秒での入金が可能です。

店頭やATMに出向くことなく、即座に指定先口座にお金が振り込まれます。
このスピーディな借入はプロミス独自のメリットといえるでしょう。

さらに、可能となる銀行の指定はありますが、24時間土日祝日を問わず、いつでもその「瞬フリ」でお金を手にすることができます。

プロミスでお金を借りるデメリット

消費者金融業者の借入は、銀行のカードローンでお金を借りた場合に比べると、金利が高くなります。

プロミスは消費者金融の中では17.8%と少し利率が低いのですが、それでも銀行に比べると利率が高くなっています。

この点はデメリットといえます。

プロミスで借りたお金の返済方法

プロミスの返済方法は数種類あります。

ATMでの返済、店頭窓口での返済、提携金融機関での返済、インターネットでの返済、銀行振込です。

ATMと店頭窓口での返済は手数料がかかりません。

また、三井住友銀行のATM、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートのメディア端末を利用した場合も手数料はかかりません。

プロミスはお金を借りるのも返すのも手軽にできる

プロミスは新規での借入申込から契約に至るまでの時間も短いのですが、契約後の借入は申込から入金まで店頭やATMに行かずとも、わずか10秒ほどで口座に入金がなされる超短時間での取引が可能です。

また、返済もインターネットバンキングを利用すれば、外出する必要がないため、実に便利です。

プロミスの詳細はこちら

今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番トップへ

今すぐお金を借りる110番オススメランキング

プロミス

プロミス

30日の無利息期間以外でも金利が安いプロミス

  • 30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 50万円以下なら収入証明書不要
  • 平日14時までのウェブ契約完了→銀行振り込みで即日融資可能
  • 平日20時までのウェブ契約完了→無人契約機で即日融資可能
実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年4.5%~17.8% 最大500万円 最短即日可能  50万円以下なら不要

SMBCモビット

モビット

 ウェブ申し込みなら電話連絡がないSMBCモビット

・ウェブ申し込みなら電話連絡なし
・最短即日融資可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
・平日14時50分までに振り込み手続き完了

実質年利 限度額 審査期間 収入証明書
年3.0%~18.0% 1~800万円 最短即日可能  -

-消費者金融

Copyright© 今日中にお金が必要@今すぐお金を借りる110番【最短・最速融資】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.